現代政治
言論外交  
誰が東アジアの危機を解決するのか
工藤泰志(認定特定非営利活動法人 言論NPO代表)編著
緊張がつづく日中・日韓関係はこのままでいいのか? 唯一、両国とのハイレベルな民間対話を継続する言論NPOが新しい民間外交―「言論外交」の開始を宣言する
定価:1,728円(税込)/ISBN978-4-8175-9105-0/発売月:2014年4月

詳しくはこちらへ

ボリス・エリツィン 最後の証言  
ボリス・エリツィン(網屋慎哉・桃井健司訳)著
ソ連崩壊後、ロシアで初めて民主的な手続きで選ばれた初代大統領エリツィンが、在任中の苦悩と出来事、その裏側を退任後初めて語り尽くした稀有な自叙伝。B6判上製/600頁
定価:3,780円(税込)/ISBN978-4-8175-9104-3/発売月:2004年12月

詳しくはこちらへ

改革はなぜ進まないか  
栗原 猛著
●小泉政権批判論 「改革、改革」とリフレインする小泉首相だが、どこまで進んでいるのか。具体的な進捗状況と避けて通れない官僚主義批判論を展開。B6判上製/240頁
定価:1,944円(税込)/ISBN978-4-8175-9103-6/発売月:2004年3月
イラク戦争と「人間の盾」  
松崎三千蔵著
●新たな平和運動をめざして 「ブッシュのアメリカ」により攻撃対象とされたイラクへ「人間の盾」として乗り込んだ元新聞記者が現地の実情を報告。B6判並製/224頁
定価:1,944円(税込)/ISBN978-4-8175-9102-9/発売月:2003年12月
ブッシュ政権 一国主義の論理  
大島 寛著
混迷した大統領選により誕生したブッシュ政権を密着取材してきた著者が、9.11から対テロ戦争までを現状報告し台頭する一国主義の背景を解説する。B6判上製/200頁
定価:1,728円(税込)/ISBN978-4-8175-9101-2/発売月:2003年1月